スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    全自動エスプレッソマシーンのメーカーとモデル
    0
      私が調べた限りでは、
      全自動エスプレッソマシーンのメーカーは2社しかありませんでした。
      イタリアのNo.1エスプレッソマシーンメーカー「Saeco」(サエコ)、
      そして、イタリアの家電メーカー「Delonghi」(デロンギ) です。
       


      Saeco (サエコ)
      1976年にエスプレッソマシンメーカーとして創立されたイタリアのメーカー。エスプレッソマシーンのNo.1メーカーとして、世界各国への展開している。最近では、エスプレッソマシーンにBMWのデザインを採用したことで話題となり、これまで箱的デザインだった全自動エスプレッソマシーンに対して、斬新でスタイリッシュなデザインを用いてインテリアとしても通用する全自動エスプレッソマシーンに仕上げました。

      Delonghi (デロンギ)
      1902年に部品工場として創立され、その後、電気機器の製造メーカーとして家庭用暖房機器やちょり器具などを製造するイタリアのメーカー。全自動エスプレッソマシーンに関しては、eldom社からOEM提供を受けているとのこと。大手家電メーカーだけあり、アフターサーポートは充実しているとのこと。価格は安め。


      Saeco と DeLognhi どちらが良いか?
      全自動エスプレッソマシーンの品質や性能としては、Saecoの方に圧倒的な軍配がありますが、価格面ではDelonghiです。
      圧倒的な品質と性能を誇るSaecoは全自動エスプレッソマシーンの価格帯30万円〜5万円と幅があるものの、やはり高価です。
      一方、圧倒的に広い販売網でシェアを伸ばすDeLonghiは、販売数を増やすことで大幅に価格を下げ、13万円〜4万円と低価格な全自動エスプレッソマシンを提供します。
      物の良さで言えば Saeco(サエコ)、価格のお手頃さで言えば DeLonghi(デロンギ)と言ったところでしょうか。
      私としては、やっぱり、本家本元に近いSaecoを選びたいところです。ただ、価格の安いDeLonghiも捨てがたいですね。

      Saecoの全自動エスプレッソマシーンモデル(家庭用)
      ・最上級モデル EXELSIS (エクセルシス) シリーズ 定価298,000円
      ・多機能ハイクラスモデル Talea(タレア)シリーズ 定価180,000円〜
      ・高性能コンパクトモデル Odea(オデア)シリーズ 定価74,800円〜
      ・コンパクトモデル Xsmall Plus(エックススモールプラス)オープン価格

      DeLonghiの全自動エスプレッソマシーンモデル (家庭用)
      ・ESAM1500DK 最上級モデル 自動ミルクフロスター 液晶画面 オープン価格
      ・ESAM1200SJ ミドルモデル ミルクフロスター ダイヤル式 オープン価格
      ・ESAM1000SJ 兼価版モデル ミルク泡立て ダイヤル式 オープン価
      ・ECAM23210B 最新小型モデル ミルクフロスター 定価126,000円

      さて、続きの各モデルの詳しい比較は、次のページで紹介します。
      → 全自動エスプレッソマシーン おすすめ機種モデル

      posted by: kickoffjp | 全自動コーヒーメーカー | 09:27 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 09:27 | - | - | - | - |