スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ルンバ 買うなら、どのモデル? 3機種を比較
    0
       
        ルンバ527 ルンバ537 ルンバ577
      本体機能 移動区域制限
      自動充電
      スケジュール
      ライトハウス
      付属品 ACアダプター
      ホームベース

      リモナビ
      (リモコン)

      ワイヤレス
      コマンドセンター
      (リモコン)

      バーチャル
      ウォール
      1台 2台
      お部屋ナビ 使用不可 使用不可 2台
      交換用メインブラシ 1つ
      フレキシブルブラシ 1つ
      実勢価格帯 4万円台前半〜 5万円台半ば〜 6万円台前半〜
      最安値

      Amazon 最安値
      Y!Shopping 最安値
      楽天市場 最安値

      Amazon 最安値
      Y!Shopping 最安値
      楽天市場 最安値
      Amazon 最安値
      Y!Shopping 最安値
      楽天市場 最安値

      移動区域制限・・・掃除エリアを設定し、指定した場所以外には立ち入らない機能。
      自動充電・・・清掃終了後に自動的にホームペースに戻り、充電をかいしする機能。
      スケジュール・・・掃除スケジュールを曜日単位で時間を設定し、自動スタートする機能。
      ライトハウス・・・複数の部屋を順番に掃除する機能。
      リモコンナビ・・・スタートとオフを操作するリモコン
      コマンドセンターリモコン・・・スタートやオフの操作+スケジュール設定を行うリモコン。
      バーチャルウォール・・・移動区域制限のエリアを示す発信機
      お部屋ナビ・・・複数の部屋を順番に掃除するときに部屋の区切りを示す発信機。

      エントリー、スタンダード、ハイスペックで、 実勢価格が約1万円づつ上がっていくところが微妙です。 長く使う上で、手間になるのは充電とゴミ捨てが予想されますので、 充電だけでも自動で出来たら助かると思うとスタンダードモデルになりますね。 オプションでは1台9千円もするお部屋ナビが2台も付いてくるとなると、 スタンダード、ハイスペックの1万円の価格差は格安なので、ハイスペックが欲しくなります。 折角の全自動お掃除ロボットなのですから、 でも、充電は手動でね・・・というのは辛いところ、 やっぱり、スタンダードモデルもしくはハイスペックモデルが選びどころでしょう。
      posted by: kickoffjp | お掃除ロボット ルンバ | 18:27 | - | - | - | - |
      使ってみた ルンバ577 お掃除ロボット 購入レポート
      0
        さて、さて、ルンバ577の初掃除の前に、大切なことを忘れていました。

        充電です。バッテリーパックの絶縁シートを剥がしたばかりなので、これも初充電です。 
         
        付属の充電器にルンバ本体を載せて充電します。
        ルンバの作動中は自動的にルンバが動いて充電器と合体します。

        さて、いよいそ、ルンバ577の初掃除、お掃除デビューです。
        真ん中の「START」ボタンをしっかりと押します。

        「ぎゅ〜ん〜」という掃除機らしい音を立てて、くるくる、動き始めました。
         
        ちなみに、ルンバを移動する際には、取っ手が付いているので楽に運べます。(上の右側写真)

        動きとしては、らせん状に円を描く動きをします。
        小さな円を次第に大きな円になり、ぐるぐる回りながら掃除します。

        で、ときどき、障害物にぶつかると、クルット90度向きを変えて動き出します。

        ルンバ―577に付属する(コマンド)リモコン(下写真の左側)は、ルンバ本体のスイッチと一緒なので、分かり易いです。
         
        また、2つ付属してくるお掃除ナビ(上写真の右側)は、ルンバの通常の動きでは見つけられない奥の部屋に置くことで、ルンバがその部屋もしっかり掃除してくれます。

        2回ほど我が家を掃除した後、ダストボックスを外してみました。

        ダストボックスはルンバを下に置いたままワンタッチで取り外せます。(下写真の左側)
         
        ダストボックスを外すとずいぶんタップリとゴミが貯まっていました。
        ゴミ袋の中で引っ繰り返して少し揺らすと、ゴミは全部出ました。

        と、こんな感じのルンバの初掃除だったのですが、
        人間の掃除機かけとは、月とすっぽんで、ムダな動きも多いのですが、
        最終的には、隅々まで隙間なく掃除してくれたので、十分な仕上がりです。

        ダイニング&リビングと隣の部屋と廊下とキッチンの掃除で、
        トータル2時間くらい掛かりました。

        リビングに居る時に、が〜という掃除機の音が2時間も続いたので、
        さすがにウルさくてうんざりしました。

        まあ、よくよく考えてみれば、折角の全自動なのですから、
        外出しているときや、2階の寝室で寝ているときなら、
        うるさくても気にならないので、部屋に誰もいないタイミングで、
        ルンバに掃除してもらうのがベストだと思いました。

        以下、参考までにルンバが安く買えるお店を紹介します。最安値探しです。
        楽天で最安値チェック (←クリックで一覧リスト表)
        Yahoo!ショッピングで最安値チェック(←クリックで一覧表示)
        Amazonで最安値チェック  (←クリックで一覧リスト表)ポイント10%あり



        posted by: kickoffjp | お掃除ロボット ルンバ | 17:32 | - | - | - | - |
        お掃除ロボット ルンバ577 届きました〜!
        0
           先日、Amazonで註文したルンバ577が我が家に届きました。

          高価なだけあって、立派な箱に入ってきたルンバ、
          モデル名も間違えなく「577」と書かれています。
           
          ネットでルンバ577を検索すると他のモデルや海外向けモデルばかりが引っかかってきたので、若干心配していましたが、ちゃんと、日本向けルンバの最上位モデル577が届きました。

          最上位モデルと言っても、違いは付属品だけなのですが・・・

          まずは、内容物の確認から、一通りそろっていることを確認です。
           
          ・ルンバ本体
          ・充電器
          ・コマンドリモコン
          ・お掃除ナビ×2(写真では1つ足りてませんが、ちゃんとあります)
          ・取扱説明書
          ・スタートナビ&ユーザー登録(保証書)

          次に、バッテリーの絶縁シートを取り外します。
          (写真は写し忘れました・・・)

          ルンバ本体をひっくり返して、ネジを外してバッテリーパックの絶縁シートを取り外します。絶縁シートはバッテリーを新品の状態のまま保存するために張ってあったものです。

          さて、いよいよ、お掃除ロボットルンバ 577の初掃除となるのですが、
          話が長くなったので、次の記事とします。

          なお、私が買った最安値はこちらで探しました。
          楽天で最安値チェック (←クリックで一覧リスト表)
          Yahoo!ショッピングで最安値チェック(←クリックで一覧表示)
          Amazonで最安値チェック  (←クリックで一覧リスト表)ポイント10%あり


          posted by: kickoffjp | お掃除ロボット ルンバ | 17:08 | - | - | - | - |
          最安値ショップ探し ルンバ 577 お掃除ロボット
          0
            さて、お掃除ロボット ルンバ を購入することにしました。
            ルンバ最上位機種となる「ルンバ577」という機種です。

            早速、最安値のショップ探しから開始です。

            ルンバ577で検索してみると、
            ルンバ577でないモデルや海外向けの同等品モデル
            また、インターネット光回線との抱き合わせ販売などが
            ずらりと出てきますので、これらは除外する必要があります。

            ルンバ577の価格帯としては、
            6万円台〜7万円台が多いようです。

            まずは、楽天で最安値チェック (←クリックで一覧リスト表)
            最初に広告商品(PR)が表示されますが、それを除外すると、
            6万円台前半が最安値のようです。ポイントは1%

            つぎに、Yahoo!ショッピングで最安値チェック(←クリックで一覧表示)
            私がチェックした時点では、訳あり品(開封済未使用品)が5万円台後半でした。
            それ以外では、6万円台前半が最安値になるようです。ポイントは1%

            最後に、Amazonで最安値チェック  (←クリックで一覧リスト表)
            やはり他店と同様、6万円台前半が最安値のようです。
            ただし、Amazonの在庫商品の場合、10%相当のポイントが付くので、
            チェックしたほうが良いでしょう。ポイントを加味すると5万円台後半。

            ということで、ざっと比較した結果、私の場合は、
            ちょうどAmazonの在庫があったので、10%ポイントにつられて、
            Amazonで購入しました。ポイントを加味すると5万円台後半です。

            最安値は常に変動しているので、その都度、チェックしてみてください。


            posted by: kickoffjp | お掃除ロボット ルンバ | 16:08 | - | - | - | - |